IT講座は具体的にどういうもので、期間は?<IT編>

小中学生向けのIT講座は大人向けより作るのは難しいです。

ロボット講座は小学生限定なので、どのロボット講座でも授業テキストはおおよそ同じで、塾でも教えやすいものです。

難しいのはIT講座の方です。
・IT実務を知らない先生の問題。
・数年単位で陳腐化するテキストの問題。
・中学以上の英数レベルの知識問題。
・生徒毎に差がありすぎるレベルの問題。
・昔ながらの受験勉強との両立問題。
また幅広いIT分野をまんべんなくするのか、特定の興味分野に特化するのかという問題もあります。
親御さまにイメージの良い大人向け実務講座を子供向けに作り直したものもありますが、小中学生にはこれもほぼ無意味です。

AGスクールでも、
・生徒の興味やレベル毎の単元分け。
・10年後に使える技術を厳選して、市販テキストの良い所取りを目指した、小中学生向けのオリジナルテキスト作り。
を念頭に、試行錯誤を繰り返し、ようやく実際の講座がスタートしたばかりです。

受験勉強や他の習い事でも忙しい小学生でも、2-6ヵ月単位の単元に分けて、できる時期や学年で、断続的にも継続的にも学べるように工夫をしております。
数か月の短期講座で、まず本人の感触や興味を確認できますし、一旦途中で受験勉強で中断して、合格後続きをやるというパターンもできます。

単純で簡単すぎるスクラッチやタブレットプログラミングだけをしていても、それほどレベルアップはしない現実を見据えて、
長期的な視野に立って、お子様のキャリアアップやスキル向上に役立てて貰えれば幸いです。