IT・ロボット講座希望の小学1年生前後のお問合せが増えています。

小学校低学年、保育園・幼稚園生の講座について

新年度で習い事を検討されている時期にさしかかり、最近6才からの、保育園・幼稚園 ~ 小学2年生までのお問合せが増えております。
保育園や幼稚園での早期教育や、小学校高学年になると習い事や受験などで日程が調整しにくいこともあると思います。
一番問題になるのは、やはり数字の計算、アルファベット文字の理解、集中力です。

一方でアーテック教材の方では「自考力キッズ講座」もできていますが、教材のレベル・タイミング・ロボット講座との内容やそれとのダブり問題、日程の問題などがあり、AGスクールでは導入しておりません。

今年度は、生徒数が増加したこと事もあり、原則小学校1年生以上に限定させて頂いております。
就学前児童の体験講座はご遠慮させて頂いております。ご了承ください。

ITプログラミング・ロボットスクールをご検討されているご父兄の方へ

ITスクール・ロボット教室はこれからの塾です。

単なる習い事や趣味の教室ではありません。
認知度が低く、まだまだ誤解されている面が否めないITスクール・ロボット教室です。
学校教育で必修化の流れがあるものの、たぶんまだ受験や勉強ではない「習い事の1つ」程度だというのが今の認識だと思います。
ゲームやアプリ開発だけがIT学習だったり、何年か習えば習得できるソロバンや資格勉強程度に考えている方も多いと思います。
実際はかなり違います。。今あるITも5・10年で様変わりし、AI化が進み、もはやITとも呼ばれない常識的な勉強になるかもしれません。
たかが10-20年程度で、PCやネットがなかった時代から今やExcel・Wordが独学で使えるのは当たり前で、今はプログラミングが同じように考えられています。

一方、教える側の難しさは、教える専門の先生が教える普通の勉強と違って、ITは実務と学問両方できないと深いレベルまで教えられません。
実務と学問両方経験するにはまだ時代が進んでいないので、現在はまだテキスト通りの例題ができる実務未経験先生が大半です。
AGスクールは、5・10年先に一人でも多くの天才キッズを生み出し、また本物の先生を輩出していく事を本気で考えています。

2タイプに分かれる生徒

-勉強もできてもっとロボットやITを勉強したいお子さんタイプ
勉強ができる生徒は更なる知識欲があり、学校では(大半のパソコン部や情報科学部は少しまた違います。。)本格的に学べない事もわかっています。
家庭や周りの環境次第ですが、大学・社会人になる前の時間がまだある内に、コンテストなどに出るために独学で学ぶしか、今までは方法がありませんでした。
受験勉強と部活動だけで忙しくする時代も変わってくる今後は、かなり層が厚くなり、本格的なITスクールも増えてくると予想しております。

-勉強はしないけどゲームやロボットは大好きでそこから広げていきたいお子さんタイプ
こちらのタイプの方が圧倒的に多いと思います。本来学校の勉強とIT勉強は別物ではないのですが、ゲームばかりに熱中する子供が学習するきっかけには確かに良いと思います。
「ゲームをする側から、ゲームを作る側へ、どういう形で指導していくのか?」が全てです。
教えるサイドの責任は大きく、現状のよくあるITスクールのカリキュラムはほぼ大人向けの実務講座又はお遊び用の子供講座なので、単純にはうまく行かないものが多いです。
生徒側も、本当に学力が足りない場合はIT学習も勿論進みません。場合によっては、学校の補習と、興味のあるIT教育やゲームと絡ませてうまく行うなど工夫するしかないかもしれません。
ロボット講座では、大半の方は違いがわからないと思いますが、昔のロボットは電気じかけのプラモデル作り中心で、これからのロボットはプログラミング要素がほぼ全てで、全く別物です。その意味で、パンフレットには出てきませんが、ロボット講座の選択肢もかなり限られてしまいます。

結論としては、「どこへ通わせるのか」で大きく差が出てしまう点です。
学習塾ほどどこに通っても同じというわけではないため、慎重に検討して欲しいと思います。

最近のお問い合わせ参考例

–小学校低学年

ロボット講座
ブロックや模型作りに興味があるお子様です。小学校1年生からでもやる気があれば大丈夫です。
好きこそものの上手なれです。学校の勉強のできは直接関係がありませんが、できる子は学校の勉強より当然先に進みます。
プレITスクール
ロボット講座(月2回)にプラスして、更に月2回分として、PCや機械分解・マイクラいじり・ドローンなどを通じて、さまざまなモノの仕組みや理科社会の基礎知識をどんどん身に付けていきます。中学受験の基礎教養やスタートダッシュ、好きな分野や得意分野を見つけ出すきっかけ作りにも最適です。

–小学校高学年

ロボット講座
ロボット講座の最適な年齢です。正しく学べば、scratchなどを通じて、ITプログラミングの基礎知識も飛躍的に進められるようになります。
できる生徒には、時間のあいまに、AGスクール独自にITスクール授業も追加していきます。
ITスクール
IT基礎学習・プログラミングを始めるにもベストな時期です。中学生数学・英語なども学ぶ気さえあれば先取りでどんどん知識が増えていきます。
さまざまなIT分野や職業、インターネット・セキュリティーなどの仕組みから本格的なゲームプログラミングの基礎知識は必ず役立ちます。

–中学生

補習と特別進学用の学習塾
中学生になると中間期末テスト対策が中心となります。
勉強ができる生徒は最も効率よく時間をかけないテスト対策で、できる限り高偏差値受験用の受験勉強中心。
勉強が苦手な生徒は学校で理解できなかった前提で、ゼロからわかりやすく独自に学習して、楽に勉強できる事を実感する授業を行います。
ITスクール
中学から始めた生徒には、IT基礎講座とプログラミング授業の同時並行で、小学生からの継続組(又は既に基礎ができている生徒)は、中学数学・英語の先取り勉強を兼ねてどんどん先に進めます。
プログラミングは基本的に場数と練習時間で決まり、学校の勉強のように頭の良さと暗記ではないので、勉強ができるできないは関係はありませんので、是非挑戦してみて下さい。