英文解釈・英作文力を圧倒的に伸ばす方針<英語編>

小学校の英語学習必修化になっても、変わらない事実。圧倒的に英語ができる地頭を作るには?

毎年、大学受験用の模試解説や採点作業をする度にいつも思う事があります。
丸暗記だけで高得点が取れるレベルの中学英語から、高校英語になって、皆とたんに実力が伸び悩みます。
中学で偏差値55程度や平均以上だからと安心している生徒は特に要注意です。
特に、上位の大学受験レベルになると、皆英単語の丸暗記の変な日本語訳をするので、英語力以上に実は国語力も必要です。

現在「大学入試に英検が採用されるとかしないとか、ヒアリングだけでなくスピーキングが入るから ~ 」とか、よく言われますが、
それでも私が一番大事だと思うのは、「英文解釈・英作文力」=地頭・論理力・国語力です。
で、それを鍛えてくれる塾はあまりありません。
どうしてか、それは、国語までつきつめた上での英語解説のできる先生が少ない事、少しの理解だけで解ける簡単な中学英語の補習塾が大半だから、だと考えます。

AGスクールでは、先取教育の一環として、できる子には、小学生から中学英語、高校生には大学受験・大学教養課程レベルの英語を教えています。
(かつ基本英文法だけでなく、高校受験レベルの長文や英作文を中心に教えています)

IT実務では英語原文も当たり前のように読む理由もありますが、根本的に皆大学受験レベルで苦しむ前提で、前倒しで圧倒的な実力養成を目指すためです。

中学生でも、全く英語ができない子にとっては補習授業は勿論必要ですが、
一方で既に理解できているのに補習塾で、また無駄に同じ事をやっている生徒も実は結構います。
後者の生徒などは、本来高校英語をやり始めても、上位の大学受験英語レベルにはまだ準備不足な程度なのに、時間がもったいなく感じられます。

中高一貫校在籍者や、勉強だけでなくITも両方一流になりたいと思う小中高校生にとっても、AGスクールは面白い塾だと思います。

算数から数学になってもつまずかない、中学さきどり学習のススメ<数学編>

うまく細かく説明してくれています。
AGスクールでも、もともとはITプログラミングで必要な為、学校の勉強とは別に教えていました。
ITスクールに通う子には2パターンあって、学校の勉強ができる子とできない子に極端に分かれます。

勉強ができる子は、昔からある中高一貫進学校が普通にやっている先取り学習として、どんどんやります。

勉強ができない子は、普通の塾でも学校でも単に優しく説明してもらった(勉強がわかっている普通の先生はどうしてもこうなりますが)としても、
理解とか暗記とかイメージなどができていないで諦めてしまうようです。
こういう場合に王道はありませんが、1つの理解するきっかけで中学数学を行う事で効果が上がっています。
逆に小学校の勉強の方が「変に理屈っぽく」感じる事が多く、中学数学の方がスムーズにできる事すらあります。

AGスクールオンラインのビデオ学習と組み合わせて、付かず離れず、やりすぎず、着実に理解してもらうスタンスでいます。
中1と高1の壁ショック問題もあります。単なる補習塾に通わせるだけではもったいないと思います。

中1と高1の壁ショックについて
自由放任で勉強ができなくても問題にならなかった小学校から、中間期末テストや内申で縛られる中学校に入り、
中1前半で落ちこぼれになる危険がある中1の壁。

地元の中学で普通に塾にも通い、勉強に対してもわからないとは思わない、偏差値45-55辺りの平均的な中学生が、
義務教育ではない高校になり、急に英数のレベルが上がり、今までの勉強方法も通用しなくなる高1の壁。

勉強のステージが上がっているのに、今までのやり方で通用すると思い込んでしまっている事が原因の壁ですが、
本人の努力不足だけでは済まされない問題でもあります。

中学受験するしないで悩む事

中学受験非受験の極端な二分化傾向
大学付属中学や都立中高一貫校人気などで、5人に1人の割合で中学受験すると言われる今。
最終的には大学受験・留学時点で皆競争しないといけないので、やる気があれば良い事だと思います。
親としても、落ちた時の精神的ケアまで考えて応援してあげないといけませんが。

問題はお金と時間ですね。

お金に関しては、余裕があれば、高くとも授業料を有名塾・セカンド塾に払えば済みますが、
そこまで余裕がない場合は、有名塾は講習会と模試のみ参加し、後は自宅学習や信頼できるセカンド塾(AGスクールでもやっています)にマンツーマンで教えて貰のが現実的でしょう。
実際の塾テキストはどこの塾でもほぼ同じなので差はなく、教え方や相性の問題だけです。

お金で解決できない点は時間です。
本来小学生で済ませておくべき経験(習い事というだけでなく、友達との遊び方、時間の使い方、読書などの素養強化)がかなりおろそかになります。

とはいいつつも、競争なので勝つしかないのでやむをえませんが、お勉強自体に関してもやればやるほど役立つかどうかが今問われつつあります。
極論すれば、受験勉強は中学高校で再度同じような事を学びます。レベルの差こそあれ、新しい分野はあまり出てこない所がひっかかります。
昨今は金融や金銭教育やIT教育など、学校でどうして学ばないのか言われるようになりましたが、選抜するための試験となると確かに教育には組み込みにくいです。
入ってからやればよいという意見もありますが、現実的にはそこまで学校が配慮していないのと、多くの生徒が既に疲弊してしまっていて余力がないように見えます。

[高校からだと手遅れになるので小中からのIT教育を勧めている]AGスクールですので、ITに触れないわけにもいきません。
上位の中学受験では、方程式・N進法・確率統計などの先取り学習も入ってくるので、あながち別物でもないのですが、
各生徒の状況やレベルに合わせて、ITもプラスして受験勉強を教えているのが現状です。

ご父兄の方には、受験後のステップアップや本人の適性・レベルを勘案して、是非塾なども決めて頂ければと思います。

非受験組の学習方法は?
反対に受験しない子は伸び伸びとしたい事や習い事をすればいいと言いながらも、
実際は比較的自由時間の子はゲーム、習い事をたくさんする子はスポーツや英語(ロボット講座も入る)・書道・音楽、又は公文などの補習塾?に行くようです。

下校後毎日ゲームを1時間以上やっていれば要注意です!
経験上、毎日ゲームをやる場合(ゲームを30分以内で終われる子はほとんどいない。。)、習い事よりもゲームが一番となっていることが多いです。
本人的にメリハリをつけて、いろいろ学んでいる場合は良いのですが、ゲーム一筋で毎日下校後、友達と制限なく遊んでいる場合は既にゲーム脳になっている可能性があります。
大人のニコチン中毒と同じように、ゲームをやっていないと落ち着きがなくなってくるようだと、しっかりと学習支援していかないといけません。
ゲーム制限だけでは本人の気持ちが安定しません。また今のゲームはオンラインで無限に続く傾向があるので、かなりやっかいです。

しっかりと親や塾の先生が管理しながら、勉強をさせてからご褒美でゲームをやる事からするしかないです。

習い事も好き嫌いだけでなく、子供の適性を考えできれば戦略的にしたいものです。
あまり習い事で結果ばかりを求めるのもよくありませんが、時々「もったいないなあ」と思う子供たちもいます。
好きで英語を幼稚園から学んでいるけれど、算数や国語がほとんど関心がなくできない子供や、
目的がないまま(学校の勉強はできているのに、理解できているのに)補習塾に通っている子供たちも結構います。

学校の勉強がわかっていなくて補習塾に通うケースはよいのですが、その場合でも上記のゲーム中毒症状対策が優先したい場合がほとんどです。
地頭が良い子はもっと先取り勉強すべきだし(分かっている内容なのに再度補習塾に通うのもよくない)、IT分野だといくらでも難しく学ぶことはあります。
中学受験組との差がどんどん開くことも気になります。
やはり、親としては、受験しないとは言え、小学生の内にやっておくべきことを戦略的に考えたいものです。