英文解釈・英作文力を圧倒的に伸ばす方針<英語編>

小学校の英語学習必修化になっても、変わらない事実。圧倒的に英語ができる地頭を作るには?

毎年、大学受験用の模試解説や採点作業をする度にいつも思う事があります。
丸暗記だけで高得点が取れるレベルの中学英語から、高校英語になって、皆とたんに実力が伸び悩みます。
中学で偏差値55程度や平均以上だからと安心している生徒は特に要注意です。
特に、上位の大学受験レベルになると、皆英単語の丸暗記の変な日本語訳をするので、英語力以上に実は国語力も必要です。

現在「大学入試に英検が採用されるとかしないとか、ヒアリングだけでなくスピーキングが入るから ~ 」とか、よく言われますが、
それでも私が一番大事だと思うのは、「英文解釈・英作文力」=地頭・論理力・国語力です。
で、それを鍛えてくれる塾はあまりありません。
どうしてか、それは、国語までつきつめた上での英語解説のできる先生が少ない事、少しの理解だけで解ける簡単な中学英語の補習塾が大半だから、だと考えます。

AGスクールでは、先取教育の一環として、できる子には、小学生から中学英語、高校生には大学受験・大学教養課程レベルの英語を教えています。
(かつ基本英文法だけでなく、高校受験レベルの長文や英作文を中心に教えています)

IT実務では英語原文も当たり前のように読む理由もありますが、根本的に皆大学受験レベルで苦しむ前提で、前倒しで圧倒的な実力養成を目指すためです。

中学生でも、全く英語ができない子にとっては補習授業は勿論必要ですが、
一方で既に理解できているのに補習塾で、また無駄に同じ事をやっている生徒も実は結構います。
後者の生徒などは、本来高校英語をやり始めても、上位の大学受験英語レベルにはまだ準備不足な程度なのに、時間がもったいなく感じられます。

中高一貫校在籍者や、勉強だけでなくITも両方一流になりたいと思う小中高校生にとっても、AGスクールは面白い塾だと思います。