自宅学習(宿題・復習)ができない場合

やみくもに強制したり、おこりたくないのであきらめたりしていませんか?

どんな塾でどんなに先生がしつこく言おうとも、やらない生徒は絶対にやってきません。
生徒本人にしたら「親に言われて塾に行っている間は先生もやさしいし勉強するけど、それ以外ではその分しない」という気持ちになっていたりします。
いきおい、塾でよくある復習小テストなどもできず、毎回居残りで時間切れになって(ここが重要です!)、次単元でその繰り返しという悪循環となる事も多いです。「復習小テストなどで完璧なオリジナル学習システム」が売りの塾でもこれでは全く意味がありません。

頭も悪くはないのに全く学習する気がない生徒、習い事と遊びで忙しすぎてわかっていてしてこない生徒、わからない事を知られたくないためにわざと宿題をしない生徒、試験前の丸暗記だけで済まそうとする生徒など、いろいろです。
誰でもつかず離れず持続的に、しつこくレベルアップさせていく。
勿論テキストの棒読み説明や強制では無理ですが、これで、できない生徒も、知らず知らずの内にうまくいく感覚を掴みはじめます。掴み始めたら、また次のレベルの壁にぶち当たる。その繰り返しです。

最初の応急処置として、やさしい教材や基礎に戻る事は重要です。
問題は生徒もそれに慣れてしまってより頭が固くなってしまうことです。しかし、本人が嫌がったりレベルを上げるとまた元の木阿弥になったりで、塾や先生側もあきらめてしまうケースがほとんどです。
この次が重要です。そこを踏まえて、その生徒ができるやり方でレベルを上げていく学習方法を一から発見して作っていかなければいけません。