AGスクールオンライン学習

1、グループウェア
:日々のスケジュール管理(課題・勉強日記・オンライン授業管理等)、Todo管理、メッセージ管理、ブックマーク等の窓口サイト

2、オンラインビデオ学習システム(非IT系)
:小学生は任意、中学生以上は必須。学年・レベル毎に複数教材を増強中。できる子は早送りを推奨。学習記録管理で見える化。

2-2、オンラインビデオ学習システム(IT系)
:英検3級(中学卒業程度)以上の学力を認められる場合は、独自に厳選した海外英語サイトを中心に(翻訳・サンプル作成指導・プログラミング環境サポート)、オンオフタイム両方からサポート致します。

3、オンライン授業系複数システム
:生徒毎(ハード・メールアドレスの有無等)に環境が違うため、PC貸出を含めた複数の環境を用意しています。
:話題のzoomやskype他メジャーなものを使用したり、PCのリモート操作などのバックアップサポートまで行います。
:ただし、何でもかんでもこれが一番ではなく、通常学習は2のビデオ学習の方が効果が上がると考えております。

4、オンラインwiki・問題集作成類の複数システムと、学習ツール群
:、文章・タイピングの練習、問題集配布・出題管理、暗記用テキスト作成

あくまでオンライン学習ツールはツールであって、「オンライン学習=自習できる」と考えるのが一番危険です。
特に中学生までは、ほどほどの管理や、追加解説をしてあげる親や先生が、アナログ的にサポートしてあげて初めて効果が出てきます。
その点を踏まえて、大いに活用してほしいものです。

アナログな授業内容以上に、日常の生活管理、勉強日記の作成指導、ご父兄の見える管理などを重視しております。

長期本格化オンライン対応に、専用PCを準備したい方へ

オンライン学習を勧める場合に、以下の事は誰もが心配しています。
・子供(特に小学生)に、スマホやPCをそのまま渡せるのか?
・かと言って、親のものを短時間貸すだけで済むのか?
・年齢制限や各サービスのアカウント(有料・無料、メールアドレス等の有無)をどうするのか?
・ネットやPC知識、各種トラブル対応はDIYが基本なのに具体的にどうするのか?
・親がどこまで正しく管理・見守りができるのか?
・日常の生活管理や、オンオフの切り替えなどの精神的ケアをどうするのか?
・勉強自体以外の、ITやPCの基本常識自体をどうやって子供に習得させるのか?

唯一の正解はないものの、できれば子供専用PC(スマホだけではタイピングの練習にならない)を、
お勉強しながら所有し、うまく使っていく方向だと思います。

AGスクールでは、日々実際に教室で使用しているPCの状況を鑑み、生徒の要望に合わせて、
PC貸与、DIYでPC改造、各種ネットやPCトラブル対応をどんどん増やしています。
目的に合わせて、費用・スペックや基本保守対応を、行っております(合計約8万円~)。