小学生向けプログラミング教育のアンケートニュース

プログラミング知識で「子どもの所得が高くなると思う」が過半数。プログラミング教育、4割超が「必要」。

ドリームエリアは10月23日、子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は10月18~23日、調査対象は地域コミュニティーサービス「マチコミ」利用者で子どもがいる保護者、有効回答は1万5,740人。

・「自分が昔から全く苦手な分野なので、親はなかなか教えられないので、必要」「今からしなくても大きくなってからでも習得できると思う」
・「プログラミングはさまざまな種類の言語や技術があることに加えて、子どもに何を学ばせればいいのかわからない」といった意見など、とても興味深いです。