小中学生向けIT教育の現状と課題説明会

現在新年度の時期に、AGスクールの特別体験授業も行っておりますが、
それ以外にご要望の多かった「保護者・学校関係者向けのIT教育に関する講演」資料を作成しました。
以下に抜粋画像もつけました。

・IT教育をいつ受けた方がよいのか?
・プログラミングは本当に必要なのか?
・受験勉強とのかかわり方は?
・普通の習い事と同じか違うのか?
・ゲームとITは同じなのか?
・ロボットとIT教室との関係は?
・学習障害との関係性は?
・学校教育でどう取り入れていくのか?
・IT教室で一番重要な点は?

本来小学生、中学生それぞれでも答えは少しずつ違うはずだと思います。

大規模なIT施設・機器を最初から揃える必要もなく、
一方でマウスやタブレットだけで簡単なものをやり続けても進歩がなく、
学校の勉強と分けて考える必要もない。
など、実際に子供達に教えながら感じてきた経験談を中心にお話させて頂きます。

・60分~120分程度の無料説明講演時間で、
・保谷・所沢近辺の小中学生の保護者・学校関係者の方を対象。
・3名以上の申し込みの方に限り、場所さえ確保できれば出張説明会も致します。
・平日午後、土日午前・午後の時間で、授業がなければいつでも行います。
・堅苦しい学習要領っぽい話はせず、本音ベースの身近なお話を中心にします。
・AGスクールへの勧誘はありませんので、お気軽にご参加下さい。

4月に入り、入会生徒に合わせて新年度講座日程を決めています。
お早めに体験講座も受けて、ご検討頂ければと思います。
今年は他塾のロボットやおまけマイクラ講座もぞくぞくと宣伝されているようですが、
AGスクールは中身のレベルがかなり違います。
最終的にこちらへ入会される方は他体験授業を受けたうえで、「やっぱり中身のレベルが。。」ということで選んでいただいています。
違いがわかるお父さんお母さんにだけ分かって貰えれば十分です。イメージではなく中身でたくさん比較してください!

実際に、AGスクール新入学生も〇〇のマイクラ体験講座も先に受けて、
その塾の先生が「うちではそこまでやっていない。マイクラで、チートコマンドや英文を打てるITスクールなんかあるはずない。」という発言をしているようです。
まあ現実はこんなものでしょう。その発言でやはりAGスクールでという決め手になったようです。。
流行りのプログラミングもどきの勉強をしても、入門にはいいかもしれませんが、それだけで本物になれるなら誰も苦労しませんという話です。
勉強とITの共通性や違いもわからないような普通の塾は今後消滅していくとは思いますが、大手有名塾の先生の発言だったようで、衝撃的でした。。