中高生の英語:平均点以上、成績優秀な生徒

高校の英語で、どれだけ伸ばせられるのか?は自分次第です。

中学英語の成績が良くても、大半の生徒は高校になってやはり一度はスランプに陥ります。
受験用の大量の英単語熟語・急に書けなくなる英作文・長文読解が文法通りじゃない例外構文ばかりで誤訳ばかりしてしまう・頑張っている割に模試の成績が伸びない。
成績の悪い生徒にも同じことをいつも言っていますが、高校英語は急激に難しくなります。模試採点の経験上、数割程度しかテストができない生徒も多く、大学受験レベルになると、英語力だけでなく国語解釈力も相当に必要になります。
中学までと違って、このレベルになると独学は厳しく、塾や予備校に通うも普通の先生レベルなら独学と変わらないかもしれません。

凡人は「細かい知識・自分なりの公式集作り」で、努力するしか方法はありません。
・辞書を精読していますか?
・英作文はできれば、先生に見て貰う方が良い。独学では丸暗記で伸ばすしかなく限定的。
・英文解釈読解は単語や例外をどこまで覚えて、自分なりにまとめられるかにかかっています。

いずれも簡単に成績が伸びるものではなく、手間や時間がかかります。1年かけてやる位の気構えが必要です。苦手な生徒は2年かかります。
高校で部活動が忙しすぎた、受験までに間に合わない、今のやり方や塾で伸び悩んでいる方は是非お問い合わせください。