ロボット講座選択のポイント

西武池袋線沿線は比較的ITロボット講座は少ないのですが、フランチャイズ型の学習塾がプラスアルファで行っているロボット講座がいくつかあるようです。

特にロボット教室に関しましては、レゴ教材のフランチャイズが多いですが、AGスクールでは敢えてアーテック教材を使用しております。
体験講座・お問合せ時に理由をご説明いたします。

いずれにしましても重要なのは、 小2-5生がメインのロボット講座はその次のステップの事をどれだけ考えているのかです。
ロボットとITは基本的に別物で、電子工学だったロボットも今ではIT寄りにこの数年でも変化してきています。有名なロボコン競技も今年ぐらいから自動運転が出てきたのが象徴的です。

今あるロボット講座はあくまでも、小学校低中学年の入門用のもので、某社の上位レベルのロボットプログラミングなどは、ロボット講座以前に、学校の勉強以上の英語数学、又は基本的なITプログラミング知識がある上での発展編です。
単純にロボットという狭い範囲だけの知識でレベルアップできるものではなく、総合的な知識・経験がないと習っても身につかない可能性も高いのも事実です。

実際にロボット講座も2年目になると急に、変数・関数・繰り返しなどが多く出るようになります。
単にテキスト例題の答えを移すだけの学び方をしていると急に理解が大変になってきます。
(IT自体の基礎学習を学んでからというよりは、実践でそのままやる感じになるので、大人数の教室などでは理解不足のお子さんも多くなると思われます)
またフランチャイズの教室では、ロボットだけ、学習塾のおまけで教えている先生がほとんどなので、テキスト通りの教え方しかできないのも、本格的にやるには不十分だと感じております。

ロボット作りに興味がある小学生が将来ロボット技師になりたいから受講を希望されるご家庭も多いと思います。
単にお遊びの習い事の1つとして、まずやってみる事はきっかけとしてとても重要ですが、
「次のゴールデンエイジである小学校高学年・中学生で、興味の範囲や深さ・学力とともにどれだけ伸びていくのか」
が最も大事なポイントだと考えております。

ご父兄の方には、そういう観点も踏まえて、 着実にまた現実的に教えられる教室 を是非選択して頂きたいと思います。

既にロボット講座を他教室で受講中でも、お気軽にご相談ください。