プログラミング教育って必要? 教科との接続は? 悩める小学校の現場での実践には、子どもたちの「気づき」と体系づけた学習が鍵

プログラミング教育って必要? 悩める小学校の現場

エドテックジンのオンライン記事で紹介されていました。

2018年10月27、28日開催、プログラミング教育の未来を考えるイベント『「コンピュータと学び」のフォーラム 2018 秋』にて、
東京学芸大学附属竹早小学校の佐藤正範教諭によるセッション「プログラミング教育と小学生の「間」で見えてきたこと ~テキスト言語とComputing的実践から~」のレポート。

・プログラミング教育に対する現場の混乱
・現場の先生たちと外部講師の温度差
など具体的な内容です。