どんな生徒でも2ランクアップなんですか?

はい、そうなるように目指しています。

どんな生徒でも2ランクアップを前提にカリキュラムを組む環境を作ることで、
Aできない生徒、B普通の生徒、Cできる生徒の3分類それぞれで結果を出すように工夫をしています。

Aできない生徒には普通以上にできる自信を持って貰う。
できない生徒はそもそも自宅学習や宿題ができない場合がほとんど。これをクリアしながら、手取り足取り一から教わるパターン見本を見て真似てもらいながら、勉強のコツを早く掴めれば、道が開けてきます。

B普通の生徒は飛躍的に効率よく突き抜ける実力を持って貰う。
ほどほどの理解で満足してしまい、深みがないために応用が利かない事がよくあげられます。できる生徒は一を聞いて、自らの努力や経験で十を類推できるようになります。
この間には大きさ差がありますが、どうしても勉強の詰め込みだけでは一線を越えにくいようです。
独自のノート作りを通じて(億劫がらずにできるようにします)、知識を体系化する方法を薦めています。

Cできる生徒には難関校や海外でも通用する実力をつけて貰う。
独学でも十分学習できて成績も良いはずなのに、難関校向けの難問だけはいくら解いても解法がわからなかったりと、本人は努力しているのに伸び悩むケースがあります。
各自の特性に合わせて理解がだめなら「どこを徹底的に丸暗記するのか、どういうハイレベルの良本を選ぶとか、要約や討論の練習をするとか」、独習では難しい事をサポート致します。

多くの生徒も普通に努力すれば、必ず1ランクはアップできます。
どんな塾や先生でも、真剣に真摯に指導していれば、必ず1ランクはアップできると思います。

しかし、2ランクアップを目指す場合にぶつかる大きな壁は本当に大変です。その試行錯誤から生まれた経験則がAGスクールの原点です。